ギモン解決!車検の予約6サイト

車検の予約は比較してから決めよう

自動車を持っている方が必ず受けなければいけない整備に車検があります。車検は購入したディーラー、販売店などで受けることが当たり前と考えている方も多いですが、一度比較しておくと費用がかなり安くなるケースも珍しくありません。

近年ではインターネットを利用する事で車検を受け付けているショップ、整備工場などを探す事が可能です。この比較サイトを利用する事でどこが一番お得なのか、信頼性が高いのかなどをチェックする事が出来ます。また、各業者のホームページにもアクセスすることが出来るので予約もすぐ行う事が出来ます。

比較サイトのメリットとして、事前に情報を集めやすい事の他にも、費用の相場が分かるようになる事があります。さらに口コミ情報を参考すれば安全性の高い車検を受ける事が出来るので安心です。時間のある時にじっくり利用してみて下さい。

車検の速太郎

車に乗っている生活をしていると、車なしでは困ることも多くなります。そういった時に車検を受けた場合でも車検の速太郎であれば、予約をしておけば最短で45分間待っていれば車検が終了するため、代車の心配をする必要がありません。

車検の速太郎で車検を行うと、時間が早いだけではなく、その時間内で、効率よく点検を進めていくノウハウを持っているため、法定点検の56項目だけではなく、日常点検10か所点検も入念に行ってくれるシステムなのです。

車検を受けるときには、年式が古かったり、走行距離が多い場合、価格が高くなるのでは、と不安になるかもしれません。しかし、車検の速太郎では、状態や車種によって変わることなく、一律料金の体制で車検を行っているのです。

カーセンサー.net

「カーセンサー.net」は、自宅近くにある車検を受けることができる店舗を簡単に検索することができるようになっています。検索は都道府県からも検索ができますが、さらに自宅近くの店舗を検索することができる近所の車検店舗検索があります。こちらは、郵便番号やメーカーそして車名を入力するだけで検索ができます。

また「カーセンサー.net」では、検索できるエリアは北のエリアは北海道から南のエリアは沖縄県までと日本全国のエリアを網羅しています。ですから、近所近くで車検をお得に受けることができる店舗を探しやすくなっています。

さらに「カーセンサー.net」は、様々な店舗のサービスを一覧できる機能もあります。早期予約割引をしている店舗や支払いにクレジットカードが可能な店舗などを自分自身のニーズにマッチしている店舗を探しやすいです。

Goo車検

Goo車検は引き取りから納車までWEBで完結でき、見積書をメールで確認してネットで決済ができることが特徴です。予約は申し込むとコンシュルジュが最適な工場を選び、スタッフが自宅や職場まで引き取ってから納車までしてくれます。

車検を依頼する時は様々な疑問点があるものですが、10時から20時まで土日も電話で受け付けて通話料金が無料のため気にせずにできます。折返し電話は事前にネットで予約すると確実に情報を確認でき、依頼する前に行うとスムーズに手続きができて便利です。

Goo車検は公式サイト上でメーカーと車種ごとに基本料と法定費用が明記され、総額を確かめると必要な金額を準備できます。料金は状況に応じて変わるため見積もりをすると確認でき、公式サイトのコンテンツのよくある質問を参考にすると疑問点を解消しやすいです。

車検申込ならGoo車検

楽天車検

「楽天車検」は、日本全国のエリアから車検ができる店舗を簡単に検索と無料見積もりや予約を同時にすることができます。できるだけ安く車検を行える店舗を探すことができるため、お得に車検を行いたいならば「楽天車検」を利用するのがベストです。

また「楽天車検」では、見積りと車検を完了すれば楽天ポイントが500ポイント貯まる仕組みになっています。他で車検を行うよりも楽天ポイントが付与されるので、車検を行うならば「楽天車検」を利用した方がかなりお得です。

さらに「楽天車検」は、車検の点検や整備の質は自動車ディーラー車検とほとんど変わらないほどのクオリティとなっていますので安心して車検を行うことができます。そして希望条件に見合った店舗を探すこともできます。

【楽天車検】

とことん車検ナビ

とことん車検ナビは日本最大級の車検比較ポータルサイトのため、条件を指定すると最適な整備工場を探すきっかけになります。車検に予約する時は事前に検査内容や費用を比較し、安心して依頼できる方法を探すと失敗するリスクを回避できて便利です。

とことん車検ナビは全国の情報を比較でき、居住地や勤務先などに合わせて利用しやすい方法を探すきっかけにすると便利です。探し方は依頼するとグルメやガソリンのプレゼントなど特典がある方法もあり、こだわって決めるとお得になります。

車検はただ単に車の検査をしてもらうことだけでなく、かかる費用をなるべく減らすことや特典があれば便利です。料金はクレジットカードを使うとポイントが貯まるため、対応する方法を探してお得になる方法を探すと今後の生活に役立ちます。

オートバックス車検

オートバックス車検は24時間365日WEBから予約でき、電話予約ができない昼休みや夜間などに思い立った時にできます。車検の電話予約はフリーダイヤルでできますが、10時から18時の中でも13時から14時はできないためWEBですることが必要です。

オートバックス車検はサイト上に基礎知識や検査項目の詳細があり、車検を初めて依頼する時に参考にすると役立ちます。検査は整備士を紹介しているため安心して依頼でき、検査の流れを把握して段取りを決めることができて便利です。

オートバックス車検は3つ星補償と呼ばれるサービスメニューがあり、車検後に起きたトラブルにも対応してもらえます。検査後はパンクや窓ガラスの破損や車体に傷が付くこともあり、サイト上の動画を参考にすると対処方法が詳しく分かるため効果的です。

車検の予約はいつから受け付けているのか

車検日が近づいたら車検を受ける工場に予約をいれましょう。予約なしで検査を受けることも不可能ではありませんが、飛び込みで自動車を持って行っても予約の空きがなければ結局後日になってしまいます。そのため、無駄足にならないように必ず予約することをおすすめします。では、どのタイミングで予約を取ればいいのかですが、「車検期限満了日の1週間くらい前にとればいいんじゃないの?」と思っている方が多いようです。しかし車検期限満了日の1週間前というのは実はギリギリだったりするので、余裕を持って有効期限の1か月前には予約をするのがいいでしょう。実は車検自体はいつ受けなくてはいけないという規定はありませんが、車検の有効期限のことを考えて期限の1ヶ月前から検査を検討するのが良いとされているのです。

ギリギリは不安だから有効期限の2ヶ月くらい前に受けたいという方もいるでしょう。しかし、これはおすすめできません。出張などの理由で有効期限1か月前の検査が難しいという方はその前に受ける方もいますが、その場合は次回の車検満了日が2ヶ月短くなってしまうというネックがあるので注意が必要です。満了日が短縮されるということは、車検費用を24か月で割った時に2か月分の車検費用を損してしまうことになります。つまり、平成20年の4月が車検満了日の場合、3月以降に検査を受ければ次回の車検は平成22年の4月になりますが、2月に検査を受けた場合は次回の車検は平成22年の2月になってしまいます。なので、特別な理由がない限りは有効期限より1か月前からの検査を検討するのがいいでしょう。

万が一、有効期限が切れてしまうと、その自動車で公道を走行することはできません。車検業者に自分で運転して持ち込むこともできないので、引きとりに来てもらうかレッカーすることになります。すると余計な費用がかかってしまうので、必ず有効期限内に検査が受けられるようにしましょう。また無保険車を走行させたら重い罰則が科せられるので注意しなくてはなりません。1か月前からの予約なら自分の都合に合わせた日時を選びやすくなっています。また、予約自体は業者によって3か月前など早くから受け付けていることもあり、その場合早期予約割引が受けられることもあります。こうしたサービスは業者ごとに異なりますが、割引を利用すればよりお得に車検を受けることができます。早めにチェックして予約を取りつけましょう。

ページトップへ